外国人留学生への奨学金

2019年度外国人留学生奨学金の応募受付は終了いたしました

求める人材像

  • 当財団の設立趣旨に基づき、わが国と留学生の母国との相互理解、親善、そして 世界平和に貢献することを志して留学している人
  • 自国の発展のために、社会人、国際人として指導的立場に立つことを目指している人
  • 学業目的が人類の安心、平和、幸福の実現に貢献することにある人

2019年度外国人留学生奨学金の応募・選考スケジュール

2018年10月1日~11月30日 各大学留学生課を通じて応募受付
2019年1月9日 選考・審査委員会(書類選考)
2019年1月10日~11日 代表理事面接(於:東京都内)
2019年1月15日(予定) 各大学留学生課を通じて合否発表

上智大学、筑波大学、東京外国語大学、日本女子大学、日本体育大学、麗澤大学の私費留学生(大学2年生以上の学部生、または大学院生)のうち、各大学学長推薦・指導教授推薦を受け、応募いただいた方から選考・審査委員会、代表理事面接を行い、選考させていただきます。

国籍は問いません。様々な国からの留学生を募集します。

応募方法についてのご質問は、各大学の留学生課にお問合せください。

 奨学金の支給内容

給付内容 月額10万円
支給期間 最長24ヶ月
※12ヶ月で卒業の場合は12ヶ月(2019年4月~2020年3月)
支給方法 4月・翌年3月 :授与式にて授与(欠席の場合は不支給)
5月から翌年2月:毎月25日付銀行振込

 応募者の資格要件

  • 当財団の指定する大学に在学し、大学学長・指導教授より推薦が受けられる人
  • 人物、学業ともに優れ、進級・卒業が可能な人
  • 留学生活に奨学助成を必要とし、他の奨学財団から奨学金の助成を受けていない人
  • 次の(1)から(5)のいずれかに該当する人
    (1)
    日本語学、日本文学、日本文化の研究を志し、日本の良き理解者として文化交流、文教関係、日本語教育、翻訳通訳等に関連する分野を専攻する人
    (2)
    放送、報道、新聞等、マスコミや情報関係の分野を専攻し文化的事業を志す人
    (3)
    経済、経営及びこれらに関連する学科を専攻する人
    (4)
    道徳、倫理、社会福祉に関する学科を専攻し、国家国情の相違を超えて人類の幸福、平和のために貢献を志す人
    (5)
    その他人文、社会科学、教育、体育に類する分野を専攻する人
  • 卒業後の将来計画が明確で国際的発信力を身につける素養と意欲のある人
  • 卒業後、母国に帰り、自国において自国の発展のために尽くし、かつ両国の架橋となることを志す人
  • 直近の4月の新年度に、大学学部3年次以上に在学する人、又は大学院1年次以上に在学する人
    (大学から同大学大学院博士課程前期あるいは後期進学決定者を含む)
  • 応募時の年齢が、学部生は満30歳以下、大学院生は満35歳以下の人
  • 居住地が確定し常に連絡がとれ、後掲の財団の会合・行事に参加できる人

 例年の主な会合・行事

4月 初回奨学金授与式
6月 歌舞伎鑑賞教室(東京都千代田区/国立劇場)
9月 秋季一泊研修・交流会(山梨県富士吉田市/富士Calm)
11月 渋沢史料館見学(東京都北区/渋沢史料館)
翌年1月 日赤チャリティコンサート音楽鑑賞会(東京都港区/サントリーホール)
3月 最終回奨学金授与式

2019年度 応募関連書類

 募集要項

募集要項
 PDF
奨学金支給規程
 PDF

 応募書類フォーマット

(様式1) 大学学長推薦書
 Word |  PDF
(様式2) 指導教授推薦理由書
 Word |  PDF
(様式3) 奨学金支給申請書  
 Word |  PDF
(様式4) 身上書
 Word |  PDF
(様式5) 留学生活の状況
 Word |  PDF
(様式6-①) 留学の動機
 Word |  PDF
(様式6-②) 研究テーマ  
 Word |  PDF
(様式6-③) 卒業後(帰国後)の将来計画
 Word |  PDF