財団のご紹介

設立の趣旨

わが国はあらゆる面で、世界の平和と幸福実現のために貢献できる国として成長を遂げてまいりましたが、豊かな国家建設に欠かせないのが有為な人材の育成です。

当財団は日本で学び、将来、母国の第一線に立とうという志あふれる留学生の育英奨学助成を行うことによって、いささかでも国際社会に貢献させていただく、という趣旨で設立いたしました。

 ご恩返しの理念を受け継いで

初代代表理事 坂口美代子は、父である故・坂口太一の「私たちは生かされている。人として生きることはこれに感謝し、企業経営は社会恩に報いることである。」という理念を一貫して受け継いでまいりました。

また、顧問 坂口功(設立基金拠出者/坂口美代子の夫)は、次女(現:代表理事 蜂谷真弓)が1981(昭和56)年AFS留学生として教育者のご家庭に1年間お世話になり、ご家族、学校、そして町ぐるみの皆様のおかげで立派に成長させていただいた時、「もっと積極的にご恩に報いなければならない」という気づきを新たにいたしました。

坂口太一から受け継いだご恩返しの理念があったからこそ、坂口夫妻のこの想いは、日本で学ぶ留学生の奨学助成と、先人のご恩に報いようとする人材の育成のためにお役に立ちたいという固い決意となり、財団設立への原動力となりました。こうした30年間に亘る、外国人留学生への育英奨学助成の実績を踏まえ、新たに、その対象を海外に学ぶ日本人留学生にも広げることといたしました。

公益財団法人 坂口国際育英奨学財団は、これからもご恩返しの理念を受け継ぎ、実践してまいります。

財団の概要

名称 公益財団法人 坂口国際育英奨学財団
英語名称 Sakaguchi International Scholarship Foundation
所在地 本部事務局
〒101-0021
東京都千代田区外神田1-12-2
TEL:03-3257-1951
支部事務局
〒130-0022
東京都墨田区江東橋5-13-7
TEL:03-3632-3866
FAX:03-3632-3548
E-mail zaidan @ sakaguchi-isf.or.jp
URL http://sakaguchi-isf.or.jp
行政庁 内閣府
設立年月日 1988(昭和63)年8月31日
2011(平成23)年4月1日 公益財団法人へ移行
代表理事 坂口美代子(初代)、蜂谷真弓